医者と看護師の気になる結婚事情

命と向き合う医療現場では常に緊張感があり、気の緩むことが許されないイメージがあります。
忙しく出会いの機会もないかのように思えるこのような現場では、実は医者と看護師が交際していることも珍しくはないと言います。
同じ場所で困難な状態の中協力しながら仕事を進めていく職場なので、このようなことがあってもさほど驚く人はいないでしょう。
では、医者と看護師の結婚事情はどうなっているのでしょう。
交際して結婚する人たちもいますが、実際にはあまり多くはないようです。
医師の既婚者全体の約2パーセント程度とも言われているため、全体のイメージとしては、少ないと言えるのかもしれません。

会社員同士の結婚は家事の分担や子育ても協力しながらやっていく、というイメージがしやすいのですが、医者と看護師の場合はそうではないようです。
日勤や夜勤、急患に対応するための呼び出しなど役割が大きいだけに、結婚をしたからといって仕事に対して変化はありません。
家庭を大切に思っていても医師は常に命に向き合っているので、多くの家庭の日常を想像するような日々ではないでしょう。

たとえ運動会やお遊戯会など子供の行事に参加できなかったり、急な予定変更などが起きたりしても、お互いを理解し合える夫婦なら上手くいくことが多いです。
これは、医師と看護師にも言えることです。
お互いの職場のことを充分に理解しているので結婚生活にギャップを抱くことも少なく、上手くいくことが多いと言われています。