結婚を機に迫られる看護師の決断

看護師は元は看護婦と呼ばれていたように、女性の多い職業です。
女性と労働を考える上で、結婚に関する悩みは無視できません。
もちろん結婚は喜ばしいことではありますが、職場から離れるという決断は簡単に下せるものではないでしょう。
無資格で誰でも行える仕事であれば難しく考えることもありませんが、看護師は国家資格です。
看護学校などに通って多くの時間とお金をかけて、やっと取得できるものなので、簡単に辞められるものでもありません。

結婚をして妊娠をしなければ共働きも可能だが、妊娠すると休職や退職という選択を迫られます。
いくら看護師の仕事を続けたいと思っていても、子どもを第一に優先しなければなりません。
無理な状態で仕事を続け、子育てや家事が疎かになるという事態は避ける必要があります。
心身ともに無理して働き続ければその内体調を崩してしまい、そうなれば本末転倒です。
自分の気持ちだけを考えるのではなく、家族の意向や現実を見て進退を決めなければなりません。

喜ばしいことに、看護師は復職の支援がしっかりしています。
その背景には少子高齢化による病人増加があり、看護師は人手不足状態になっています。
たとえブランクがあっても、これまでに学んだ知識や経験があるので重宝されます。
一般的な職場ではブランクが長いほど不利になって若い人材が積極的に採用される傾向がありますが、看護師は必ずしもそうではありません。
子育てが落ち着いた頃にまた復職すれば良いという考えを持って過ごせると、気持ちが楽になるでしょう。
復職は約束されたものではなく競争ではありますが、道は決して閉ざされてはいません。